敦煌旅行|敦煌観光|シルクロード観光ツアー|シルクロード西安発ツアー|シルクロード蘭州発ツアー|ウルムチ発シルクロードツアー|シルクロード旅行

シルクロードツアー、シルクロード観光、シルクロード観光ツアー、中国シルクロード旅行、シルクロード現地ツアー、シルクロード敦煌現地旅行社、シルクロード蘭州旅行会社、新疆旅行、新疆観光、蘭州シルクロードツアー、シルクロード現地発ツアー、シルクロード格安ツアー、 ウルムチツアー、新疆観光ツアー、ウルムチ現地発ツアー、トルファン観光、シルクロード車チャーター、敦煌観光、敦煌現地ツアー、天山天池観光、カナス湖観光、麦積山石窟、敦煌現地莫高窟ツアー http://www.lanzhoutrip.com

蘭州シルクロード観光ガイド

敦煌莫高窟
敦煌市の東南30キロ、鳴沙山の東側の絶壁に築かれた石窟群。莫高窟の数は現存するものが492窟あり、現存する最古のものは第268、272、275窟の北涼窟(5世紀初頭)で、第237、248、251、254、257、259、260、263窟などの北魏窟(500年前後)第249、285、355、432窟などの西魏窟(6世紀前半)がこれに続いています。
その後、約1000年にわたり石窟の造営や修復が続き現状では、その様式から判断して五胡十六国9、北魏23、西魏2、隋97、唐225、五代34、宋70、西夏25、元7、に時代分けされています。
内部は石質が粗い礫岩であるため、四壁と天井を漆喰で塗り、その上全体に壁面を描き塑造の仏像を安置しています。仏像類は2415尊にのぼり、例外的な石彫を除き鮮明な彩色が施されています。
 2014年7月15日の敦煌莫高窟デジタル展示センター開設にともない、8月1日より敦煌莫高窟の観光もインターネットでの完全事前予約システムが導入されることとなりました。これによって遺跡保護と観光利用の相互目的が達成できるようになります。このシステムではまず莫高窟ホームページで事前予約、支払いを済ませて、注文番号を受け取ります。それを持参し、現地で提示してチケットと交換します。デジタル展示センターでは直径18メートル、面積500平方メートルの円形スクリーンで「デジタル敦煌」を体験できます。ここで映像を見てから観光用のカートに乗って、石窟を見学します。
 完全予約システムを導入することで1石窟あたりの滞在時間を減らし、遺跡の風化を防ぎ、保護につなげます。また莫高窟一日あたりの収容量は3000人から6000人に増やすこともできます。これにより遺跡保護、観光客収容数といった問題を同時に解決することができそうです。
敦煌莫高窟観光の流れ
莫高窟ホームページで事前予約、支払いを済ませ、注文番号を受け取ります。
現地チケット売り場で注文番号を提示しチケットを受け取ります。
デジタル展示センターでの映像による紹介が始まる30分前までに観光客センターへ行き、検札を受けまず展示室に入ります。展示室を見学後、映像による紹介があります。そしてそれから観光カート待合室へ行き、カートに乗ります。
カートで莫高窟石窟を見学します。
石窟見学後は個々で蔵経洞展覧館などを見学できます。
http://www.lanzhoutrip.com