敦煌旅行|敦煌観光|シルクロード観光ツアー|シルクロード西安発ツアー|シルクロード蘭州発ツアー|ウルムチ発シルクロードツアー|シルクロード旅行

シルクロードツアー、シルクロード観光、シルクロード観光ツアー、中国シルクロード旅行、シルクロード現地ツアー、シルクロード敦煌現地旅行社、シルクロード蘭州旅行会社、新疆旅行、新疆観光、蘭州シルクロードツアー、シルクロード現地発ツアー、シルクロード格安ツアー、 ウルムチツアー、新疆観光ツアー、ウルムチ現地発ツアー、トルファン観光、シルクロード車チャーター、敦煌観光、敦煌現地ツアー、天山天池観光、カナス湖観光、麦積山石窟、敦煌現地莫高窟ツアー http://www.lanzhoutrip.com

ウルムチ現地ツアー

クチャ(庫車)は中華人民共和国新疆ウイグル自治区アクス地区に位置しています。シルクロードのオアシス都市として知られており、かつて古代キジ国の都でもあったので繁栄していた町です。タクラマカン砂漠に近く、西域の中心都市として繁栄したこともあり、クチャは見どころがある石窟寺院や遺跡が多いことでも知られています。また、天然ガスや石油が豊富で重要な都市でもあります。
クチャは、古代オアシスに栄えた都市国家です。当時は「亀茲国(キジ)」と呼ばれていました。豊富な天然資源を有し、ガスや石油のみならず、岩塩もかなりの埋蔵量を誇っています。シルクロード(天山南路)のルート上にあるクチャは、その昔「歌舞の郷」と呼ばれるほど栄えました。現在も様々な観光スポットが盛りだくさんの街です。
仏教伝来の先駆者クマラジーヴァの出生地でもあるクチャ。仏教徒の他イスラム教徒も多く暮らしています。食事も中華料理以外でオススメしたいのがイスラムのハラル料理。特に羊肉料理は絶品ですよ。そんな古都クチャの観光スポットをご紹介しましょう。
スバシ古城
クチャのスバシ古城は中国の晋代に建設され、唐代に栄えた仏教寺院、昭怙釐大寺(しょうこりだいじ)の跡とされています。庫車河を挟んで、東寺と西寺に分かれている寺で、六朝時代の僧、鳩摩羅什(くまらじゅう)(クマーラジーヴァ)ゆかりの寺として知られているんですよ。1400年ものあいだ風雨に晒され、耐えて残ったものも多数ありますが、砂漠の風景と化してしまいそうな部分もあります。その姿は流れ去った長い時間と、いにしえの繁栄を偲ばせるクチャの観光スポットです。
石窟は無残にも傷んでいて本来は数多くの仏像や絵があったのですが、その多くは盗掘にあったり諸外国によって持ち去られてしまいました。人々の祈りの場であった時代に思いを馳せたくなりますね。クチャ観光ではぜひとも訪れてほしい観光スポットです。
クムトラ石窟
クムトラ石窟は、ムザルト河に添って5世紀から8世紀にわたって開窟された仏教石窟寺院の遺跡群で、現在112窟が確認されています。クチャ近くにあるクムトラ村がその名前の由来です。文化大革命や、開窟以来千数百年を経ていることのよる劣化、付近のダム工事による地下水脈上昇の影響が問題になっていますが、近年日本政府が資金援助を行い修復作業を開始。新疆ウイグル地区が急激に親日化したのもそのためだそうです。
40の石窟には銘文や仏教壁画が比較的良い状態で残っており、「中華人民共和国全国重点文物保護単位」のひとつに選定されています。この地に立ち、ムザルト河の流れを見つめるていると、積み重ねられた時の流れを考えずにはいられないことでしょう。クチャを観光で訪れたら、悠久の時間のロマンを感じにぜひお出かけください。
庫車大寺 
庫車(クチャ)大寺は、 新疆で2番目に大きいモスクです。木造とレンガを組み合わせた独特のもので、レンガの白と、床や窓枠などの緑が印象的ですが、窓の格子が中華風なのが土地柄でユニークです。イスラム教が中国に伝わったあと、15世紀頃に建立されました。
礼拝堂の北側にイスラム教司法機関である「宗教法廷」があるのが特徴的です。木目の鮮やかなその空間は、威厳に満ちて他の空間とは違った空気を感じてしまいます。ちょうど日本でも神社仏閣を観光したときに感じる、ピリッと背筋が伸びるような雰囲気があります。イスラム教徒でなくても入館できますが、礼拝時間中は入館できません。また女性はスカーフなどで髪を隠さないと入館できないのでご注意くださいね。
モスクを一歩外に踏み出したら、洗濯物が干してあったり、植木鉢が飾られてあったり、シルクロード北端の庫車の庶民の暮らしが垣間見えます。ぜひクチャ観光で訪れてみてくださいね。
庫車王府
2014年8月、中国紙・京華時報に、クチャ最後の王が死去したと報道されました。クチャ王は一時、庫車王府を離れましたが、2006年に改装を行い観光客にも開放し、イメージ大使として再び王府で暮らされていました。イスラム教モスク「庫車大寺」から徒歩圏内です。ゆっくりと道中の景色や人々の暮らしなどを感じながら歩くことをお勧めします。
ウイグル族の典型的な建築様式で、内装の華やかさには往時の繁栄が偲ばれ、王族の豊かな暮らしを垣間見ることができます。敷地内に亀茲博物館が併設されており、演芸ホールではウイグルの踊りや音楽が行われていますよ。窓やエントランスの形などにイスラムの風を感じるでしょう。クチャを観光する際にはぜひ足を運びたいスポットです。
団結新橋(金曜バザール)
普段は静かなクチャ市街にある団結新橋付近。金曜日になるとバザールが開催され、突如人と物でごった返します。クチャといえば、観光コースとして「バザール」を外すことはできないでしょう。衣類から食べ物、香辛料、中には薬にするトカゲの干物まで置いてあります。羊肉の串焼きは定番ですが、頭部の丸焼きなど日本では決して見かけることのないグルメも!また金曜だけでなくクチャには日曜バザールもあるんですよ。
活気にあふれるストリートはまさにシルクロード景色も匂いも人々の活気もすべてが混ざり合い、その勢いにすっかり飲み込まれて、圧倒されている自分に気づくことでしょう。クチャ観光のお土産を探すのもいいかもしれませんね。でも一歩裏通りに入ったらあの喧騒が嘘のようにひっそりとした普通の住宅地があるのも印象的ですよ。ぜひクチャ観光でシルクロードのバザールの雰囲気を楽しんでくださいね。

http://www.lanzhoutrip.com