敦煌旅行|敦煌観光|シルクロード観光ツアー|シルクロード西安発ツアー|シルクロード蘭州発ツアー|ウルムチ発シルクロードツアー|シルクロード旅行

シルクロードツアー、シルクロード観光、シルクロード観光ツアー、中国シルクロード旅行、シルクロード現地ツアー、シルクロード敦煌現地旅行社、シルクロード蘭州旅行会社、新疆旅行、新疆観光、蘭州シルクロードツアー、シルクロード現地発ツアー、シルクロード格安ツアー、 ウルムチツアー、新疆観光ツアー、ウルムチ現地発ツアー、トルファン観光、シルクロード車チャーター、敦煌観光、敦煌現地ツアー、天山天池観光、カナス湖観光、麦積山石窟、敦煌現地莫高窟ツアー http://www.lanzhoutrip.com

炳霊寺石窟

炳霊寺石窟(へいれいじせっくつ)
中国,甘粛省永靖県の黄河北岸,小積石山にある仏教石窟。 1952年に発見された。上寺と下寺に分れるが,上寺には2つの石窟が,また下寺には洞窟 36ヵ所,壁龕 88ヵ所が残っている。西秦北魏,唐,明の各時代に造られたものと思われ,内部には多くの石仏や,若干の壁画が遺存する。中国の甘粛省永靖県の西約50km,黄河上流の小積石山にある紅砂岩の仏教石窟。〈炳霊〉は,チベット語で〈十万仏〉を意味する。1952年来の調査により183にのぼる石窟や龕(がん)が知られている。唐代の窟?龕が多く,ついで北魏代のものがあり,明窟もある第169号窟は,西秦の建弘元年(420)の墨書銘がある高さ5mほどの自然窟で,現段階では中国最古の石窟。石仏,塑像のほか説法図や飛天などの壁画があり,とくに円輪光背の説法図は西方と関連して重要。

炳霊寺石窟が造られ始めたのは西秦の建弘元年(420年)で、石の彫像が美しいことで有名。石窟は上寺、洞溝、下寺に分かれていて、赤砂の岩に点々と口を開けている。中でも下寺は長さ2キロにわたって、上下4層に石窟や仏龕が点在している。現在寺院には石の彫像が694体、粘土の塑像が82体、壁画が約900㎡残っている。石窟や仏龕は西秦北魏北周、隋、唐、元、明、清各時代のものが合わせて183、そのうち中唐に造られたものが三分の二以上を占める。中でも地上60mの自然の洞窟に造られた「唐述窟」(第169窟)は最大規模を誇り、面積は200㎡もある。北側の壁面には「西秦建弘元年」の銘が書かれていて、これは今まで発見された中国の石窟の銘の中で最も早い時代のもの。

炳霊寺石窟で最も特徴的なのは石の彫像、仏塔のレリーフ密教壁画芸術で、漠高窟、麦積石窟と並んで甘粛省の三大石窟の一つ。また石の彫刻は当時のこの地方の社会状況や民俗、音楽、踊り、装飾品など如実に反映していて、歴史的考古学的な価値も兼ね備えている。

蘭州からは劉家峡の水力発電所のダムまで車で75キロ、さらにそこから船に乗り換えて高原の湖を54キロ進み、西に曲がって峡谷に入り、姉妹峰を過ぎればすぐに到着する。
http://www.lanzhoutrip.com

新疆のガイド

アルタイ布爾津旅行観光ガイド
アルタイ地区は新疆北部にある。北西とカザフスタン、ロシアにつながり、東北モンゴル国と境を接して、総面積117988平方キロ。人口の64万人、カザフスタン、漢、回、ウイグル、モンゴルなどの民族、少数民族が総人口の約56%のうち、カザフ族約が総人口の半分。ウルムチからカラマイへ、ウルムチからカナスへの空港、航路は、便利である。
アルタイ[山脈]
西シベリア南東部からモンゴル高原へ北西~南東にのびる全長約2000kmの山脈。モンゴル?アルタイ,ゴビ?アルタイ,ロシア?アルタイに大別される。モンゴル?アルタイは中国ジュンガル(準噶爾)盆地の北を走り,最高峰は中国側のナイラムダール(友誼峰,4374m)。その付近のモンゴル側のフィティン峰(4370m)はモンゴルの最高峰。山麓は半砂漠,2000~3000mには高原状の草原,山頂付近には氷河(最大は全長約20kmのポターニン氷河)がみられる。ロシア,モンゴル,中国にまたがる山系。漢字では阿爾泰山。南東のゴビ砂漠から北西の西シベリア低地まで約2000kmにわたり,モンゴル?アルタイ,ゴビ?アルタイ,本来のアルタイの三つに分かれる。
http://www.lanzhoutrip.com

張掖丹霞観光

『張掖丹霞国家地質公園』は中国の甘粛省張掖市に位置しています。丹霞地貌は、張掖市から南西に約40キロのところにあり、丹霞地質公園で見ることができます。『張掖丹霞国家地質公園』の目玉である通称ー七彩山は、2002年に発見され、2008年に一般公開されました。まだ新しいため、中国人ですら知る人ぞ知る秘境だという話すらあります。まさに圧巻、これぞ絶景、というべき風景に距離感もサイズ感にくわえて色彩感まで狂いそうです。映画のロケに使われたことがきっかけで近年注目されるようになったそうです。

マルコポーロの東方見聞録でも知られるシルクロード河西回廊の町、張掖より約50kmほど離れた場所に、張掖丹霞地貌という赤い堆積岩で形成された美しい縞模様の地層が見られる広大なカルスト地形があります。中国語で「丹」は赤や朱色を意味し「霞」は夕焼けなどで空が紅色に染まる現象、または雲が鮮やかな色に染まる「彩雲」のことを表します。その名の通り、夕陽を受けて大地が徐々に紅く染まっていく様はまるで異空間にいるかのような美しさです。多彩な形にうねる地層が大地に見事な赤のグラデーションを生みだし、沈みゆく夕陽が大地に陰影を描きます。その光景は中国のグランドキャニオンとも称されます。

この張掖丹霞地貌、実はごく最近の2002年に発見されたばかりの中国でも知る人ぞ知る絶景ポイント!観光地としての整備が進められ、徐々に観光客が増えているようです。貴州省の赤水、福建省の泰寧、湖南省の莨山、江西省の龍虎山、広東省の丹霞山、浙江省の江郎山です。これらは全部、世界遺産に認定されています。西北部の甘粛省張掖にある丹霞地貌だけが世界遺産に含まれていません。

張掖の丹霞地貌は、南部の丹霞地貌とは異なっています。他のところがその名の通り、赤いのに対して、張掖のものは七色のシマシマ模様なのです。2009年には、中国の名映画監督、張芸謀の「女と銃と荒野の麺屋(原題『三槍拍案驚奇』」のロケ地となり、一躍有名になりました。今、張掖の丹霞地質公園は、観光客が爆増と言われるほど人気の観光地なのです。
http://www.lanzhoutrip.com

張掖旅行観光ガイド

張掖旅行観光ガイド

張掖市は河西回廊中部に位置し、東は武威市、金昌市、西は酒泉市及び嘉峪関市、南は祁連山脈、北は合黎及び龍首山と内モンゴル自治区に接する。市域内には砂漠、ゴビ、草原、原始林など多様な自然景観がある。張掖市は歴史文化名城であり、シルクロード上の要衝である。水と土がよく、産物も豊富なため「金の張掖」と称される。甘粛省西部の都市、唐の時代から甘州といわれ豊かな水に恵まれた河西回廊のオアシスの一つである。蘭新鉄路の通過地となっており、武威と併称される貿易都市で、米、甘草などの物産があり、毛織物.綿織物.皮革工業が盛んである。

張掖丹霞地貌は甘粛省張掖市から約40キロ、臨沢県の郊外に位置し、510平方キロにわたる大地が様々な色彩に染まられる。丹霞とは赤い堆積岩で形成されたカルスト地形のことである。張掖丹霞地貌は規模が大きく、形が不思議、中国丹霞地貌の最大、形の最も豊富な地域の一つである。「中国の最も美しい七大丹霞地貌」の一つと讃えられている。
http://www.lanzhoutrip.com

莫 高 窟 現地 ツアー

カシュガルタクラマカン砂漠の西端です。パミール高原の北麓。新彊ウイグル自治区の西南部に位置します。タリム盆地の北縁に沿って続く天山南路の西端でもあり、タリム盆地の南縁の西域南路の西端でもあります。両道はここで合流し、パミールを越えてインドへ、あるいは、西北に路をとりタシケント.サマルカンドへと続きます。カシュガルとは、古代イラン語やペルシャ語で「玉の市場」を意味します。玉はクンルン山脈で産するホータンの玉のことです。ウイグル語では「色とりどりの煉瓦で出来た家」の意味があります。

前漢の時代に初めて歴史に登場し、疏勒と呼ばれ、西域三十六国の一つです。その後、匈奴支配下に入るが、後漢の時代、一時的にではあるが班超の活躍により西域都護府が置かれています。9世紀以降にはモンゴルより大量のウイグル人が押し寄せてくることになるが、その後のカシュガルの姿を決定的にしたのは、十世紀にカシュガルを拠点にしたカラ=ハーン朝の成立で、ウイグルイスラムの色彩を帯びるようになりました。カシュガルと呼ばれるようになったのもこの頃からであると言われています。

その後、チャガタイ=ハーンの統治以降は、カシュガル=ハーン、オイラートジュンガル王国の支配を受け、清朝が支配を確立するのは18世紀、乾隆皇帝のジュンガル派兵にようです。清軍のカシュガル占領は1759年です。19世紀後半から20世紀にかけては、またその重要な地理的な位置ゆえに、ロシア、イギリスの勢力争いの激突の場となります。両国がカシュガルに領事館を置き熾烈な情報戦が展開されました。現在のカシュガルは、人口22万、ウイグル族がその74%を占めています。ウイグル族の他、ウズベクキルギスタタール、オロスなど多くの少数民族が暮らしています.

カシュガルの街歩き
昔から多くの文化や民族が行き交ったシルクロードのオアシス都市、カシュガル新疆ウイグル自治区の西端(中国の西の果て)に位置し、ウイグル族が人口の80%を占めます。街は彫が深く髭を蓄えたウイグル人男性や、カラフルなスカーフを巻いたウイグル人女性が行き交い、時おりモスクからアザーン(礼拝の呼びかけ)が聞こえてきます。 隣国中国に来たというより、どこか遠い国にやってきた、という感覚を持ってしまう魅力があります。
http://www.lanzhoutrip.com

ウルムチ現地ツアー

クチャ(庫車)は中華人民共和国新疆ウイグル自治区アクス地区に位置しています。シルクロードのオアシス都市として知られており、かつて古代キジ国の都でもあったので繁栄していた町です。タクラマカン砂漠に近く、西域の中心都市として繁栄したこともあり、クチャは見どころがある石窟寺院や遺跡が多いことでも知られています。また、天然ガスや石油が豊富で重要な都市でもあります。
クチャは、古代オアシスに栄えた都市国家です。当時は「亀茲国(キジ)」と呼ばれていました。豊富な天然資源を有し、ガスや石油のみならず、岩塩もかなりの埋蔵量を誇っています。シルクロード(天山南路)のルート上にあるクチャは、その昔「歌舞の郷」と呼ばれるほど栄えました。現在も様々な観光スポットが盛りだくさんの街です。
仏教伝来の先駆者クマラジーヴァの出生地でもあるクチャ。仏教徒の他イスラム教徒も多く暮らしています。食事も中華料理以外でオススメしたいのがイスラムのハラル料理。特に羊肉料理は絶品ですよ。そんな古都クチャの観光スポットをご紹介しましょう。
スバシ古城
クチャのスバシ古城は中国の晋代に建設され、唐代に栄えた仏教寺院、昭怙釐大寺(しょうこりだいじ)の跡とされています。庫車河を挟んで、東寺と西寺に分かれている寺で、六朝時代の僧、鳩摩羅什(くまらじゅう)(クマーラジーヴァ)ゆかりの寺として知られているんですよ。1400年ものあいだ風雨に晒され、耐えて残ったものも多数ありますが、砂漠の風景と化してしまいそうな部分もあります。その姿は流れ去った長い時間と、いにしえの繁栄を偲ばせるクチャの観光スポットです。
石窟は無残にも傷んでいて本来は数多くの仏像や絵があったのですが、その多くは盗掘にあったり諸外国によって持ち去られてしまいました。人々の祈りの場であった時代に思いを馳せたくなりますね。クチャ観光ではぜひとも訪れてほしい観光スポットです。
クムトラ石窟
クムトラ石窟は、ムザルト河に添って5世紀から8世紀にわたって開窟された仏教石窟寺院の遺跡群で、現在112窟が確認されています。クチャ近くにあるクムトラ村がその名前の由来です。文化大革命や、開窟以来千数百年を経ていることのよる劣化、付近のダム工事による地下水脈上昇の影響が問題になっていますが、近年日本政府が資金援助を行い修復作業を開始。新疆ウイグル地区が急激に親日化したのもそのためだそうです。
40の石窟には銘文や仏教壁画が比較的良い状態で残っており、「中華人民共和国全国重点文物保護単位」のひとつに選定されています。この地に立ち、ムザルト河の流れを見つめるていると、積み重ねられた時の流れを考えずにはいられないことでしょう。クチャを観光で訪れたら、悠久の時間のロマンを感じにぜひお出かけください。
庫車大寺 
庫車(クチャ)大寺は、 新疆で2番目に大きいモスクです。木造とレンガを組み合わせた独特のもので、レンガの白と、床や窓枠などの緑が印象的ですが、窓の格子が中華風なのが土地柄でユニークです。イスラム教が中国に伝わったあと、15世紀頃に建立されました。
礼拝堂の北側にイスラム教司法機関である「宗教法廷」があるのが特徴的です。木目の鮮やかなその空間は、威厳に満ちて他の空間とは違った空気を感じてしまいます。ちょうど日本でも神社仏閣を観光したときに感じる、ピリッと背筋が伸びるような雰囲気があります。イスラム教徒でなくても入館できますが、礼拝時間中は入館できません。また女性はスカーフなどで髪を隠さないと入館できないのでご注意くださいね。
モスクを一歩外に踏み出したら、洗濯物が干してあったり、植木鉢が飾られてあったり、シルクロード北端の庫車の庶民の暮らしが垣間見えます。ぜひクチャ観光で訪れてみてくださいね。
庫車王府
2014年8月、中国紙・京華時報に、クチャ最後の王が死去したと報道されました。クチャ王は一時、庫車王府を離れましたが、2006年に改装を行い観光客にも開放し、イメージ大使として再び王府で暮らされていました。イスラム教モスク「庫車大寺」から徒歩圏内です。ゆっくりと道中の景色や人々の暮らしなどを感じながら歩くことをお勧めします。
ウイグル族の典型的な建築様式で、内装の華やかさには往時の繁栄が偲ばれ、王族の豊かな暮らしを垣間見ることができます。敷地内に亀茲博物館が併設されており、演芸ホールではウイグルの踊りや音楽が行われていますよ。窓やエントランスの形などにイスラムの風を感じるでしょう。クチャを観光する際にはぜひ足を運びたいスポットです。
団結新橋(金曜バザール)
普段は静かなクチャ市街にある団結新橋付近。金曜日になるとバザールが開催され、突如人と物でごった返します。クチャといえば、観光コースとして「バザール」を外すことはできないでしょう。衣類から食べ物、香辛料、中には薬にするトカゲの干物まで置いてあります。羊肉の串焼きは定番ですが、頭部の丸焼きなど日本では決して見かけることのないグルメも!また金曜だけでなくクチャには日曜バザールもあるんですよ。
活気にあふれるストリートはまさにシルクロード景色も匂いも人々の活気もすべてが混ざり合い、その勢いにすっかり飲み込まれて、圧倒されている自分に気づくことでしょう。クチャ観光のお土産を探すのもいいかもしれませんね。でも一歩裏通りに入ったらあの喧騒が嘘のようにひっそりとした普通の住宅地があるのも印象的ですよ。ぜひクチャ観光でシルクロードのバザールの雰囲気を楽しんでくださいね。

http://www.lanzhoutrip.com

新疆旅行

アクスは新疆ウイグル自治区にある町。毎年天山山脈からの雪解け水が洪水のように市内の枯れた川に流れ込む光景が有名で、この時期には海外からも多くの観光客が訪れます。豊かな自然が広がる町で、「国家自然都市」にも選ばれているんですよ。また歴史のある町で、前漢時代には南城が築かれました。アクスはウイグル語で「白い水」という意味で、米やリンゴの産地にもなっているのどかな町です。広大な国土に多くの民族が暮らす中華人民共和国。一番有名な少数民族はミャオ族ですが、新疆ウイグル自治区にはかの有名なウイグル族が暮らしています。自治区西部にあるカシュガル自治区中北部のクチャの中継点・アクスの町もそんな町のひとつです。ウイグルの人々にはイスラム教徒が多く「つば」のない白い帽子をかぶっているので、すぐに見分けがつきます。羊肉の串焼きなど手軽に食べられる料理が多く、イスラム教徒が営業しているお店では酒類を一切提供していません。
東環地下街
アクスでも有名な「東大街」と「環東路」が交差する辺りにあるショッピングスポット。いい商品が多いということで、観光客だけでなく、地元の人にも評判です。交差点には、四方をつなぐ大きな歩道橋があり、そこから環東路を南東へ行くと「東環地下街」の看板が見えます。周囲は5階建てや6階建てのビルが密集しているので、注意して探しましょう。
地下街には化粧品や洋服、寝具などを扱うお店があり、アクスを代表するショッピング街と言えます。アクスはカシュガルとクチャの間にある都市なので、中継地点としての役割を果たしていて、空港もあるので観光としても訪れやすいでしょう。北京や上海と違った新疆の品物を眺めながら観光するのもいいのではないでしょうか?
張吉小喫城
道の両側にプラタナスの木々が植えられた環境のいい場所に、新疆料理のお店「張吉小喫城」はあります。通りには中国工商銀行や中国郵政(郵便局)、ホテルなどが立ち並び、アクスで食事を楽しむにはぴったりの観光エリアです。アクス駅の北西、北大街と新華路の交差点付近にあり、歩道も広いのでゆっくりと観光できます。
アクスでは羊肉の串焼きに代表される新疆の料理が楽しめるので、気軽にお店へ入ってみるといいでしょう。なお、お店を選ぶときのポイントはお客さんが多く入っている場所を狙うことです。中国人は、おいしいお店にしかいかないので、とても参考になります。また、中国語だけでなくウイグル語が書かれたお店を発見するとアクスにやって来たのだなと、実感することができるでしょう。
温州路歩行街
シンメトリーの現代風の建物が特徴の温州路歩行街。アクスでも評判の観光スポットです。大きな建物の入口をくぐると、そこは歩行者天国。車を気にすることなくショッピングがエンジョイできます!通りには革靴専門店や光華書店にホテルもあり、アクスでも観光しやすいショッピングスポットです。
環東路側の入り口には「国大地下商城」と「国大商貿城」があり、地下は店舗、上はマンションとなっています。マンションは10階建てほどで、環東路や東大街といったアクスのメインストリートに近く、とても便利なロケーションです。砂漠の中にある町の高層マンションもなかなか、一見の価値ありです!
金龍地下街
金龍地下街は東大街と健康路の交差点近くにある観光地。アクス市政府の庁舎も近く、アクス一の繁華街です。周囲には3mほどの街路樹が並び、爽やかな景観を作り出しています。
金龍地下街は「新疆生産建設兵団」によってリニューアルされたアクスの地下商業施設。国家人民防空事務室の承認を得て、新疆ウイグル自治区地下設計学部と南京工程兵学部地下設計科の合同設計により建設されました。2002年の4月に金龍不動産開発会社が最初に建てましたが、2003年の竣工後に自治区消防総隊の審査に不合格となり、リニューアルに至りました。
金龍地下街は独立した地下建築で、総工費用は4,000万元、地下街の天井までの高さは4.5m、全長は268.5mで幅は16.5mあるため、ゆったりと観光できます。店舗数は170以上あり、主な商品は洋服や靴、帽子、そして生活用品など。観光客も含め一日当たりに1万人以上が利用しています!
http://www.lanzhoutrip.com