敦煌旅行|敦煌観光|シルクロード観光ツアー|シルクロード西安発ツアー|シルクロード蘭州発ツアー|ウルムチ発シルクロードツアー|シルクロード旅行

シルクロードツアー、シルクロード観光、シルクロード観光ツアー、中国シルクロード旅行、シルクロード現地ツアー、シルクロード敦煌現地旅行社、シルクロード蘭州旅行会社、新疆旅行、新疆観光、蘭州シルクロードツアー、シルクロード現地発ツアー、シルクロード格安ツアー、 ウルムチツアー、新疆観光ツアー、ウルムチ現地発ツアー、トルファン観光、シルクロード車チャーター、敦煌観光、敦煌現地ツアー、天山天池観光、カナス湖観光、麦積山石窟、敦煌現地莫高窟ツアー http://www.lanzhoutrip.com

敦煌旅行

敦煌の東南30キロ、鳴沙山の東側の絶壁に築かれた石窟群に位置しています。莫高窟は千仏洞とも呼ばれ、「20世紀で最も価値のある発見、東方のルーヴル宮殿」と称されています。河西回廊の西端である敦煌市にあり、精巧で美しい壁画や仏塑像で世に知られています。1987年にユネスコ世界文化遺産に登録され、中国四大石窟の一つです。20世紀で最大の価値を持つ発見と称されて、「東方ルーブル美術館」の美称も持って、美しい壁画と塑像で有名です。4世紀の半ば僧楽僔が石窟を築き、修行したのが始まりとされています。その後4世紀から14世紀にかけて約1000年間石窟が掘り続けられて、1000の石窟にも及ぶとされていますが、現在は492の石窟が保存されています。窟の数は現存するものが492窟あり、現存する最古のものは第268、272、275窟の北涼窟(5世紀初頭)で、第237、248、251、254、257、259、260、263窟などの北魏窟(500年前後)第249、285、355、432窟などの西魏窟(6世紀前半)がこれに続きます。その後、約1000年にわたり石窟の造営や修復が続き現状では、その様式から判断して五胡十六国9、北魏23、西魏2、隋97、唐225、五代34、宋70、西夏25、元7、に時代分けされます。内部は石質が粗い礫岩であるため、四壁と天井を漆喰で塗り、その上全体に壁面を描き塑造の仏像を安置しています。仏像類は2415尊にのぼり、例外的な石彫を除き鮮明な彩色が施されています。現存する500余りの窟の中に492の窟には壁画、色彩の塑像が保存されており、禅窟、殿堂窟、塔廟窟、穹窿頂窟、「影窟」があるほか、仏塔も少しあります。最も大きい窟は高さが40メートル余り、幅が30メートルに達しているに対して、最も小さい窟は高さが30センチにも足らず、多くは現存する古代建築の傑作です。

莫高窟五胡十六国時代に作られ始め、その後、北朝、隋、唐、五代、西夏、元代を経て造営され続けられたので、巨大な規模となりました。今は735の窟、4.5万平方メートルの壁画、2415の仏塑像を有し、現存する規模が世界で最も大きく、内容が最も豊富な仏教芸術の聖地です。莫高窟は長い歳月の中で自然の侵食や人為的な破壊を被ったにもかかわらず、世界で現存する最も素晴らしい仏教芸術の宝蔵です。莫高窟敦煌壁画の長大で豊富な内容が、世界で宗教の石窟、寺院或いは宮殿の最高峰にあると言えます。ここの石窟は主に唐の時代に造営されました。窟の側面と天井を見渡すと、どこにでも仏像、飛天、伎楽、天女などの図案が描かれています。仏教経典を語る絵、仏教史跡を書く画もあり、神仙妖怪図もあり、そのほか、様々な装飾の絵もあります。莫高窟の塑像は昔から有名で、33メートルに達した仏像もあり、10センチほどしかない小さい菩薩像もあります。ほとんどの窟には塑像があり、数もおびただしく、まるで彫刻の博物館のようです。

莫高窟飛天壁画
石窟の壁画は華麗で、仏教の物語、山と川の景色、中国風建築、山水、花草、飛天仏像および当時の庶民の生活実態等の内容を描いています。五胡十六国時代から清代に渡るまで1500年余りの民俗風貌と歴史変遷を表現しています。古代の師匠は中華民族の基礎にイラン、インド、ギリシアなどの国から粋を取り入れ、多くの壁画を通して、中国文明の発達を明らかにしています。歴代の壁画は時代によって画のスタイルも違い、中国封建社会の政治、経済、文化状況を反映し、中国古代美術史に輝かしい一章を書き加え、中国古代史の研究に貴重な資料を提供しました。

http://www.lanzhoutrip.com