敦煌旅行|敦煌観光|シルクロード観光ツアー|シルクロード西安発ツアー|シルクロード蘭州発ツアー|ウルムチ発シルクロードツアー|シルクロード旅行

シルクロードツアー、シルクロード観光、シルクロード観光ツアー、中国シルクロード旅行、シルクロード現地ツアー、シルクロード敦煌現地旅行社、シルクロード蘭州旅行会社、新疆旅行、新疆観光、蘭州シルクロードツアー、シルクロード現地発ツアー、シルクロード格安ツアー、 ウルムチツアー、新疆観光ツアー、ウルムチ現地発ツアー、トルファン観光、シルクロード車チャーター、敦煌観光、敦煌現地ツアー、天山天池観光、カナス湖観光、麦積山石窟、敦煌現地莫高窟ツアー http://www.lanzhoutrip.com

新疆現地ツアー


阿勒泰は新疆の北部に位置する観光地です。カザフスタン、ロシア、モンゴルと国境を接し、人口は2004年現在で64万人。カザフ族、漢族、回族ウイグル族モンゴル族などが住み、少数民族が総人口の56%を占めています。また、カザフ族が総人口のおよそ半分を占めています。阿勒泰の語源は阿勒泰山からきており、阿勒泰はモンゴル語で「金」を意味します。そのため、山には多くの金が眠っています。
見る日によって色が変わるという不思議な湖が存在する地域が「阿勒泰」です。地名である阿勒泰とはモンゴル語で「金の山」という意味。その名が示す通り、阿勒泰地区を囲むかのように聳え立つ阿勒泰山脈では豊富な金属などの地下資源を持っています。採掘作業が本格的になるにつれて人が増え、鉄鋼の街となったのがこの街の始まりです。
阿勒泰の北部は大自然に恵まれており、砂漠があるかと思えば羊やらくだのいる青々とした草原が広がり、少し特異な地形があったりとバラエティー豊か。あなたも阿勒泰を観光しながら心の疲れを癒してみてはいかがでしょうか?
カナス湖(ハナス湖)
季節や見に行った日の天候によって湖の色が変わる、阿勒泰地区の最北にある「カナス湖」。観光客が夏になるとたくさん押し寄せる観光地です。ブルチン県の市中より、約14キロメートル離れた阿勒泰山脈の密林の中に位置し、湖面の海抜は1374メートル。面積はボゴダ山の天池のゆうに10倍はある44.78平方メートル。最も深いところは180メートルにも達します。
200万年前の氷河の浸食でできたフィヨルド湖で、湖水は雪解け水が集まったもので、果てしなく広がる湖面は鏡のように周囲の連峰を映し出し、湖面が季節や天気によってその色を変えることでも有名です。氷河に含まれる鉱物により、澄んだ紺碧、晴れた日はエメラルドグリーン、曇った日は灰緑色、暑い日には乳白色などと多様な顔を見せてくれるカナス湖、自然がつくり出したアートを堪能することができるスポットです。
カナスとはモンゴル語で「美しい神秘の地」という意味。カナス湖のほとりをゆっくり散策すれば、その美しさに日頃の疲れもスッキリと癒されそうですね。カナス湖の観光シーズンが真っ盛りになるのは夏の時期8月から。ゆっくりと自然を満喫したい方は、直前の7月上旬をオススメいたします。

http://www.lanzhoutrip.com